コロナ予防・治療薬?!イベルメクチンの飲み方を知る

イベルメクチン飲み方

現在、コロナに感染しても軽症であれば自宅療養で経過観察をするしかありません。
運が悪ければそのまま中等症や重症になるケースも。
年代問わず死亡者がでており、「明日は我が身」と不安を感じている人はたくさんいます。

実は、そんな不安を払拭してくれるかもしれない薬の治験が急ピッチで進められているんです。

その名もイベルメクチン!
感染予防や治療効果があるとして、世界から脚光を浴びています。
しかし、効果があると判明したイベルメクチンの正しい飲み方を細部まで知っている人はあまりいません。

・飲んでおきたいけど飲み方が分からない
・どのくらいの期間飲めばいいの?
・飲むタイミングは?

と疑問でいっぱいになっている人は、本記事でイベルメクチンの飲み方についてチェックしておきましょう。

コロナ感染を予防するための飲み方

イベルメクチン予防
イベルメクチンで予防効果が得たい場合は、以下の飲み方を実践してみましょう!

飲む量 イベルメクチン0.2mg×体重で算出
飲む回数 当日に1回、48時間後に1回
その後、週に1回
飲むタイミング 食前・食後

イベルメクチンは基本的に成分量×体重で、服用すべき量を算出します。

個人の体重によって服用量が変化するので、きちんと計算して飲むようにした方が良いですね。
50kgの人を例にして考えてみましょう。

【50kgの人が飲む場合の例】

イベルメクチン 体重 飲むべき量
0.2mg 50kg 10mg

飲むべき量を算出する時は、0.2mg×体重だということを忘れないように気をつけましょう。
FLCCCは、どうしても3密を避けられない人の飲み方として公表しています。

そのため仕事では在宅状態、プライベートもほとんど外出しないようにしているという人は、これまで通り
マスク着用と手洗い、うがいの徹底を優先した方が良い
かもしれませんね。

濃厚接触者になった場合の飲み方!

濃厚接触者イベルメクチン
感染者率が上がったり下がったりして、一向に収束が見えない現在では多くの人が濃厚接触者になっています。
万が一、濃厚接触者になってしまった場合は下記の飲み方にトライしてみましょう。

飲む量 イベルメクチン0.2mg×体重
飲む回数 当日に1回、48時間後に1回飲む
飲むタイミング 食前・食後

濃厚接触者になってしまった場合は、2回だけイベルメクチンを飲みます。
回数に変動があるので注意しましょう。
また、濃厚接触者の場合はイベルメクチンと併用すべきサプリメントもあります。

【一緒に飲むべきサプリメント】

ビタミンD3 1,000~3,000IU/日
ビタミンC 500~1,000mgを1日2回
ケルセチン 250mg/日
亜鉛 30~40mg/日
メラトニン 就寝前に6mg

コロナ感染後・軽症治療のための飲み方

イベルメクチン治療
イベルメクチンは、コロナ感染した後の軽症治療に有効であるといわれています。
PCR検査で陽性者であることが判明したら、すぐにイベルメクチンを飲むことが推奨されています。
以下はその飲み方です。

飲む量 イベルメクチン0.2~0.4mg×体重
飲む回数 1日1回を5日間連続、または回復するまで
飲むタイミング 食前・食後

軽症治療の際は、濃厚接触した場合と同じようにサプリメントも使用しますが、他の薬も一緒に飲みます。

【一緒に飲むべきサプリメントや薬】

ビタミンD3 4,000IU/日
ビタミンC 500~1,000mgを1日2回
ケルセチン 250mgを1日2回
亜鉛 100mg/日
メラトニン 就寝前に10mg
アスピリン(薬) 325mg/日
フルボキサミン(薬) 50mgを1日2回
10~14日間飲み続ける

アスピリンが禁忌事項になっている人は服用しないでください。

軽症治療をする際には霧状にしたエッセンシャルオイルを用いて鼻咽頭の衛生状態を保つ必要があります。
または、鼻腔スプレーを1日2~3回ほど使用しましょう。

軽症治療を行っている時は、通販でも購入できる
パルスオキシメーターを用いて身体の中の酸素状態を計測するようにしてください。
軽症時の正常値は96%からです。

100%は過呼吸状態。
そのため、96%から100%いかないくらいが正常値といえます。

パルスオキシメーターで計測している時に、93%以下になり始めた場合は中等症へと悪化している可能性があります。
重症と言われる呼吸不全は90%以下。
肺炎症状を誘発する危険性が大いにあります。

イベルメクチンの効果はどのくらい期待できる?

イベルメクチンの飲み方は分かりましたが、実際どのくらいの効果をコロナへと発揮してくれるのでしょうか?

臨床試験で判明したコロナへの効果は以下の通りです!

予防効果 早期治療 後期治療
86% 69% 40%

※「FLCC:Ivermectin for COVID-19: real-time meta analysis of 64 studies」より参照

数字だけを見ると、イベルメクチンは予防効果にもっとも優れていることが分かります。

現在コロナを予防する手段は、マスクの着用・手洗い・うがいをしたり3密を避けたりするだけ。
それでも感染者は増えるばかりで、不安に感じている人は大勢います。

しかし、高い予防効果を持つイベルメクチンなら心の余裕ができるというもの。

実際、SNS上では

・イベルメクチンがあるという安心感
・濃厚接触者になっても心の余裕が違う
・独り身だからこそ安心しておきたい

といった声もあり、コロナ対策をしている人々の頼みの綱になりつつあるようです。

実際にイベルメクチンを飲んだ人の声

ここでは、実際にイベルメクチンを飲んでどうなったのかを書き込みしている人の体験談をチェックしていきましょう。

ツイッターでの呟きを見る限り、イベルメクチンで効果をしっかり感じている人はたくさんいるようです。

誰でも心のよりどころは必要

現代の日本人は婚姻率が低く、さらに離婚率が例年より高いといわれています。
つまり、独身貴族がかなり増えてきているということなんです。
そんな方々がもしコロナになってしまった場合、誰に頼ればいいのでしょうか?
また、結婚をしていても同じです。
家族全員が感染し、社会復帰するまでに時間がかかって経済的苦痛を味わっている人は大勢います。

最悪の事態を避けるためにも、イベルメクチンの効果に期待を寄せるのもひとつの選択肢ではないでしょうか?

もちろん外国の研究チームが公表しているイベルメクチンの治験データも、まだまだ不明瞭な点が多く「信用できない!」と抗議する人もいます。

しかし、コロナ特効薬がない現状、誰だって心のよりどころは欲しいものなのです。