イベルメクチン

コロナワクチンよりもイベルメクチン?真相やいかに

イベルメクチン コロナワクチン

新型コロナウイルス感染症は世界中を巻き込むパンデミック。
テレビやSNSなどではかなり多くの情報が出回っています。

アメリカでは「日本はワクチン接種を中止し、イベルメクチンを使用してコロナを一掃した」というデマが流れてしまい、ワクチン反対派やイベルメクチン賛成派が情報に惑わされているのだとか。

このように情報の中には、科学的根拠には基づいていない偽の情報も混ざっています。

新型コロナウイルス感染症の予防・治療は命に関わる大事な問題。
偽の情報に振り回されて選択を誤ってしまっては、命を落とすことにつながるかもしれません。

コロナの予防・治療に適しているのはコロナワクチンか、イベルメクチンどちらなのでしょうか。
正しい情報を元に判断し、しっかりと自分で納得のできる方法でコロナ対策を行いましょう。

イベルメクチンの効果は研究中

イベルメクチン 効果 研究中

イベルメクチンは本来、寄生虫に対する効果がある薬として腸管糞線虫症や疥癬の治療に使われていました。

ところが新型コロナウイルスにも予防・治療効果が期待されるとして、コロナ禍で急激に注目が集まった薬でもあります。

そのため新型コロナウイルスに対しての研究はまだ途中。
まだまだ情報が少なく、有効性や安全性ははっきりわかっていません。
つまり現在はまだ、「効果が期待できる可能性がある」という研究中の段階なのです。

中南米やアジアなどの途上国では、イベルメクチンはコロナに効果があるという論文が多く発表されています。
イベルメクチンの投与が承認されているアフリカの国では、実際に新型コロナウイルスの感染を抑えられたとされているのです。

しかしイベルメクチンでコロナが治まったという例はあるものの、はっきりとした科学的な根拠が見つかっていない以上、100%コロナに有効だとは言い切れないようです。

イベルメクチンの使用は自己責任

日本ではコロナ治療薬としてイベルメクチンは承認されていません。

有効性や安全性を国が認めていないため、私たちがイベルメクチンを買うためには個人輸入を行う必要があります。

個人輸入にでは、イベルメクチンの購入から服用まですべて自己責任となります。

万が一イベルメクチンの副作用で入院が必要になるような健康被害を受けたとしても、日本の保障制度は適用外です。

すべて自己責任となるからこそ、正しい情報を元にしっかりと吟味したうえで、イベルメクチンを飲みましょう。

コロナワクチンの効果とは?

コロナワクチン 効果

コロナワクチンの効果は、おもに発症や重症化の予防です。

コロナワクチンを接種した人は接種していない人に比べて、コロナの発症が少ないということがわかっています。

日本で使用されている主なコロナワクチンといえば、ファイザー社製やモデルナ社製のワクチンがありますね。
厚生労働省によるとそれぞれのコロナワクチンによる発症予防効果は、以下のとおりだと報告されています。

【コロナワクチンの発症予防率】
ファイザー社製…約95%
モデルナ社製…約94%

なぜワクチンはこんなにも嫌われているの?

日本ではコロナワクチンの接種が進んでいく中で、絶対にワクチンは接種しないという反対派の人をちらほら見かけます。
高い予防効果があるのに、なぜコロナワクチンに反対する人が出てきてしまうのでしょうか。

それはコロナワクチンの副反応リスクの高さにあると考えられます。

ファイザー社製のコロナワクチンを打った人の約65%が腕の痛み、約40%に倦怠感や頭痛、約20%に発熱や悪寒が報告されています。
そしてこれらの副反応は、あくまでも今の段階でわかっている症状です。

コロナワクチンはまだ開発されて間もないワクチン。
そのためワクチン接種直後のデータはわかっていても、接種した数年後、数十年後にどんな影響があるのかわかりません。

ネット上では、コロナワクチンを打つと心筋症を発症する・失明するという可能性があるのではないかと囁かれています。
中には死亡するという情報も出回っているほど。

コロナワクチンを打った直後だけでなくこの先もずっと安全かどうかは、未来にしかわかりません。
その副反応リスクの高さが、コロナワクチンが嫌われている理由だといえます。

情報のファクトチェックをしっかり行って

情報 ファクトチェック

新型コロナウイルス感染症は、研究が進められるもいまだ謎の多いウイルス。
日々ネット上ではさまざまな憶測が飛び交っています。

情報収集は大事ですが、集めた情報はしっかりとファクトチェックを行いましょう。
ファクトチェックとは、その情報の真偽を確かめること。

ファクトチェックをする際は、見つけた情報が公的機関が発信している情報と同じかどうか見比べてみましょう。

とくにSNSで発信される情報は、誰が書いているのかわからない情報。
科学的な根拠が記載されていない情報も多く溢れています。
あたかも正しいように書かれている情報だとしても、それが紛れもない事実なのかしっかりと見極めることが大切なのです。

新型コロナウイルス感染症は、健康に関わる大事な問題。
だからこそ偽の情報に惑わされずに正しい情報を集めて、適切な予防や対策を行いましょう。

ワクチンは打つべき?イベルメクチンを飲むべき?

イベルメクチンは本来、寄生虫の駆除に対する治療を目的として生まれた薬。
コロナ予防・治療に効果が期待されているものの、まだまだ研究の途中段階です。
また従来の寄生虫駆除をする飲み方と、コロナ治療薬としての飲み方は異なるため、安全性についてははっきりと明言されていません。

一方でコロナワクチンは製薬会社や国が効果を保障しているものの、使用されたばかりの新しいワクチンです。
したがって接種直後の安全性しかわかっていません。
接種した後の未来にどんな副反応があるかはわかっておらず、まだリスクは拭い切れないのです。

コロナ予防・対策はワクチンを打つべきか、イベルメクチンを飲むべきか。
実際のところ、それはどちらがいいとは言い切れません。

どちらもリスクがあるからこそ、自分自身で決めるべき問題です。
そして命に関わる可能性もある大事な問題だからこそ、しっかりと正しい情報に基づいて吟味したうえで判断する必要があります。

ワクチンを打つかイベルメクチンを飲むか、自分がしっかり納得できる方法でコロナ対策をしましょう!

コロナハラスメントではありませんか?悩まずに相談して!

コロナハラスメント

セクハラやパワハラ、モラハラ、スモハラ、アルハラと非常に多くのハラスメントがある中で近年では新型コロナウイルスに関するハラスメントが発生しています。

コロナハラスメントと呼ばれており、職場だけでなく学校や友人関係といった場所にまで広まっているようです。

人間は自分自身が窮地に立たされると他人を攻撃しめる、という習性があります。
他人を攻撃することによって自分を守るためです。

コロナハラスメントもそのような心理状況が起因しているといわれており、知らず知らずのうちに他人を攻撃してしまっている可能性があります。

では、実際にどのような言動・行動をするとコロナハラスメントになってしまうのでしょうか?

本記事ではコロナハラスメントになりえるケースをチェックしていきましょう。

感染者や医療従事者が実際に受けたハラスメント例

ハラスメントの実例
ここではコロナ感染者や医療従事者が実際に受けたハラスメント内容を紹介します。

【コロナ感染者が受けた例】

・症状が治っても在宅するよう職場からいわれた
・感染を理由に仕事を退職するようにいわれた
・職場復帰して欲しくないと同僚からいわれた
・ママ友に敬遠されるようになった
・感染から復帰後も犯罪者扱い
・感染したことを会社中の人が知っていた(プライバシーがない)

【医療従事者が受けたハラスメント】

・友人に会いたくないといわれた
・医療従事者の子どもは預かれないと幼稚園や学校から通達を受けた
・病院で働いているというだけで子どもがいじめられている
・病院内でも救急外来科は同僚たちから白い目で見られる

上記で述べた例の他にも「もう知りたくない」と感じてしまうほど、ツライ経験をした人は数えきれないほどいます。
人は自分の危機を感じると他人に対して残酷になり、相互理解をしようとする心の余裕ができなくなってしまいます。
そのため、他人を攻撃することによって安心感を得て、自分を守るのです。

特に感染症となると目に見えない脅威的な存在になるため、人はさらに恐怖を感じ始めます。
そのためより一層他人へと攻撃的になってしまうのです。

無意識にコロナハラスメントをしないためには

ハラスメントしないために
「感染したくない」という気持ちは誰もが感じていること。
お互いが感染させない・感染しないようにするためにも、コミュニケーションのやり方に注目する必要があります。

例えばマスクを着用していない人に対して「なんでマスクをしていないの?」と強く問いただすのではなく、「今は着用できない理由があるの?」と相手の事情を聞いてあげることが大切です。
というのも、中には皮膚が非常に弱くあるいはアレルギーを持っておりマスクを着用すると皮膚がただれてしまう人もいるからなんです。

また感染者だった人に対しても、まずは感染から復帰したことを喜んであげることが重要です。
いつまでも「あの人は感染者だった」というレッテルを貼り続けていると、元感染者も周囲からの重圧を感じて心理的に犯罪者のような気持ちになってしまいます。

どのような状況においても、相手の事情を知ったり理解してあげるのにはコミュニケーションが大切なのです。

社会復帰に「陰性証明書」は必要ありません!

コロナに感染しているかどうかを確認するためにPCR検査がありますよね。

感染した後に社会復帰をするためにPCR検査を受ける人が急増しているようですが、その必要はないんです。

PCR検査は医師が診断のために必要であると判断した場合、あるいは公衆衛生上の観点から自治体が「検査が必要だ」と判断した場合に実地しています。
そのため、PCR検査が必要であると判断されない場合は、事業者からの依頼で合ったとしても証明者は発行されません。

感染後の療養期間が終わった後、社会復帰する場合に上司から陰性証明書を出すようにいわれたとしてもその義務はない旨をきちんと伝えましょう。

コロナハラスメント相談窓口とは?

相談窓口
もしコロナハラスメントをされた場合、誰にも相談できない人がほとんどだと思います。

そんな時は全国に設置されているコロナハラスメント相談窓口に電話してください。
相談窓口は労働者向けと生活支援相談窓口に分類されています。
生活支援相談窓口では、労働に関する以外の不当な差別やいじめについても相談できます。

1人で抱え込まず、行政にきちんと相談して解決策を見出していきましょう。

※新型コロナウイルス感染症の影響による特別労働相談窓口一覧(厚生労働省)

※新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口(総務省)

飛沫感染と接触感染の違いは?コロナウイルスの感染経路について

飛沫感染と接触感染

コロナに感染しないためには、まず基本知識を徹底的に理解しておくことが大切です。

飛沫感染や接触感染の違いについてや、なぜ3密を守らなければならないのかといった点をきちんと理解しておくのとしないのとでは安全性に大きな差が。

集団感染を避けるためにも、コロナウイルスがどうやって体内に侵入してくるのかをしっかりチェックしておきましょう。

※本記事は厚生労働省による、新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)を参照しています。

くしゃみや咳による飛沫感染

飛沫感染
飛沫感染の飛沫とは、くしゃみや咳、つばが飛ぶ(飛沫)ことを指します。
世界保健機構(WHO)によると、人は5分間の会話の中で1回の咳やくしゃみと同じくらいの飛沫が飛ぶといわれています。
その数、なんと3,000個。
恐ろしいですよね。
人と会話をしている時に対面でくしゃみや咳をしなくても、5分間おしゃべりしているだけで飛沫が飛ぶのですから。
もちろんこれはマスク着用していない時の話ですよ。

飛沫感染とは、感染者から発せられている飛沫を相手が吸いこんで感染することを指します。
つまり、感染者とおしゃべりしている間に感染していない人が飛沫を吸い込んでしまい、そのままコロナ感染者となるということ。

口や鼻から入り込み、そのまま体内へと取り込まれていきます。

マスクは飛沫予防のためだった

飛沫感染は主に口や鼻といった空気を取り入れる場所から感染。
だからマスクの着用が必須なんです。
特にスーパーや薬局、コンビニでも手軽に購入できる不織布マスクは、他人の飛沫を80%もカットすることが判明しています。

マスク着用をしていなければ、100%吸い込むはめになってしまいその分感染リスクもグッと上がってしまうのです。

飛沫感染を予防するためにも、マスクの着用は継続していきましょう。

ウイルスがついた物を触ると接触感染する?

接触感染
飛沫感染の次は、接触感染です。

接触感染は、コロナ感染者がくしゃみや咳を止めるために手で覆い、他の場所に触れて他人がその場所を触ると感染が起きやすくなります。
飛沫感染でも述べたように、人は普通に話しているだけで口や鼻から菌が飛沫します。
くしゃみや咳といった飛沫を手で覆い、そのまま除菌をせずに他の場所や物に触れてしまうと、結果的に自分の菌をバラ撒いていることになるのです。

感染者が触れた場所を他人が触れ、触れた人がそのまま口や鼻、目といった粘膜に関わる部位に触れると菌は体内へと入り込みます。
菌は簡単に粘膜と結びついてしまうので、自分のもの以外に触れた後は顔を触らず、除菌しましょう。

菌を流す手洗いうがいはとっても大事

接触感染をしないためには、手洗い・うがいがとっても大事です。

出勤時やちょっとしたお出かけでも、いつでも除菌ジェルやシートを持っておくことが大切。
その場で除菌できるアイテムがあれば、接触感染のリスクを低下させることが可能です。

といっても、何度も手を拭いたり洗うのはお肌にも影響が出ます。
では、どういった場所を触れないように気をつければいいのでしょうか?
日常生活においては以下の場所に気をつけていきましょう。

・エスカレーターの手おき
・エレベーターのボタン
・電車のつり革、握り棒
・職場先の共有場所、物

上記の他にも気をつけるべき場所はたくさんありますが、特に出勤・帰宅ラッシュ時に人が集中する駅内や電車は要注意です。

感染しないために避ける3つのこと

三密
3密を避ける、というのはもはや世界の常識になりつつあります。

・密集
・密接
・密閉

といった場面や空間を避けるように政府も常々警鐘しています。
スーパーやコンビニ、映画館、飲食店、ショッピングセンターとあらゆる場所で人との距離をあけるように生活しなければなりません。
最近では、「ゼロ密を目指そう!」なんてポスターも見かけるようになりました。

3密を避けなければいけない理由は、飛沫感染や接触感染によるリスクを下げるためです。
密を守らないと感染するリスクは一気に増加。
感染者するリスクを下げるために必要な事なんです。

密集

密集とは、たくさんの人が集まっている空間を指します。

外でのパーティや飲み会だけでなく、不特定多数の自宅パーティも該当します。
人との距離が2メートル以上あけられない空間は密集状態です。
一番分かりやすいのはエレベーターの中にたくさんの人が集まっている状態ですね。
時間に余裕がある場合で、エレベーターが混み合っている場合は見送って次のものに乗るようにした方がいいといえます。

また、仕事でも密集に該当するケースがあります。
そのため、テレワークを取り入れる企業が多くなっているというわけなんです。

密接

密接は、人と人が近距離で話す場面を指します。

前述したように、コロナは人が発するくしゃみや咳、つばに含まれているウイルスを吸い込むことで感染します。

対面での会話や飲食、タバコも該当します。
食べ物を食べたりタバコを吸う時は必ずマスクを外さなければなりませんよね。
人間は咳をしていなくてもそのまましゃべるだけで飛沫が飛びます。
そのため、食事中やタバコを吸っている時以外はちゃんとマスクを着用したほうがいいといえます。

密閉

密閉は、そのままの意味で密閉された空間の事を指します。

密閉された空間はコロナウイルスがウヨウヨと漂っている状態です。
その状態に晒されている空間に居続けると、呼吸するだけでウイルスを吸い込んでしまう可能性があります。

マスクのフィルター機能も100%ではないので、定期的に換気をすることがとっても重要なんです。

職場や公共の乗り物だけでなく、自宅でも同じです。
朝昼晩と誰かしら人がいるような状態であれば、1日3回換気を行ったり、1人暮らしの場合は出勤前の2~3分や帰ってきた時にも数分間換気を行いましょう。

イベルメクチンと一緒に予防!マスクの正しい選び方・使い方

マスクの選び方

マスクが欠かせない生活になっている今、以外にもマスクの正しい選び方と使い方を知っている人は意外にも少ないんです。

まだまだコロナウイルスの影響が続いている中、マスクは手放せません。
コロナ感染をできるだけ予防したり、広めたりしないためにも今一度マスクの正しい選び方と使い方をチェックしていきましょう。

また、コロナウイルスを予防できる効果があるイベルメクチンを飲んでいるからといって、マスクを着用しないのはNGです!

マスクの種類は5種類!

マスクの種類
現在、世に広まっているマスクは5種類あります。

・不織布マスク
・布マスク
・ウレタンマスク
・フェイスシールド
・マウスシールド

この中で誰もが一度は使ったことがあるのは不織布マスクです。
コンビニやスーパー、薬局と至るところに販売されています。

布マスクやウレタン、フェイスシールド、マウスシールドといった部類は比較的新しいマスクですよね。
コロナが流行した初期の頃は、不織布マスクが在庫切れ状態になってしまいどこでも買えない状態に。
外国産のマスクを輸入しないと普段から使うマスクがない!という状況になり、まさに日本中がパニックに陥りましたね。
今はマスクの在庫が潤沢にあるので、そのような心配をする必要もなさそうです。

一番優秀なのは不織布マスク?!

2020年12月に理化学研究所が行った、マスク素材ごとの飛沫防止効果のシミュレーションでは不織布マスクが一番ウイルスの侵入をカットすることが判明しました。

布マスクやウレタンといったマスクはウイルスのカット率が20~50%と低い一方で、不織布マスクは80%ものカット率を誇っているのです。

布マスクやウレタンマスクは何度も洗って再度使用できるのが魅力的ですが、密閉空間での使用はあまり向いていません。
また通気性があり非常に呼吸がしやすいのも不織布マスクにはない魅力。
しかし、その分ウイルスも吸っている可能性があるのです。

一方、不織布マスクは呼吸がしづらいという難点はありますが、フィルター性能が非常に高くウイルスの侵入をブロックするのに長けているといわれています。

マスクの正しい使い方は手洗いから

手洗いをする
毎日コロナ予防のために着用しなければならないマスクですが、間違った使い方で装着していませんか?

実はマスクは手洗いから始まるんです。
以下はマスクを着用する時の手順です。

1、せっけんで手洗い
2、ノーズワイヤーを上向きにしてプリーツを下向きにする
3、プリーツを上下に広げてマスク全体を広げる
4、顔にあててワイヤー部分を鼻に合わせる
5、顔にフィットさせながら耳ひもをかける

マスクを着用する際に一番注意しなければならいのは、マスク本体(口を覆っている部分)をなるべく触らないようにすることです。
触っていいのは耳ひもやワイヤー、顎にかかるプリーツ部分だけ!
本体に触らないようにすることで、より感染予防に効果的といわれています。

マスク本体を触ってはいけない?!正しい外し方

マスクの外し方
マスク本体を触っていけないのは着用する時だけではありません。
外す時も同じです。

外気の空気に触れたマスク本体部分をそのまま触ってしまうと、ウイルスが手についた状態になります。
その日で用済みになった時は、耳ひもだけに触れてそのままゴミ箱へと捨てましょう。

理想はマスク専用の小さいビニール袋に入れてから捨てるか、蓋付きのごみ箱に捨てることですね。
ウイルスはうようよと漂っているので、捨てる時に密閉したほうが良いと言えます。
面倒に感じる手順ですが、少しでも感染リスクを抑えるためには必要なことなので、日常に取り入れていきましょう。

マスクにも決まった保管方法がある!

不織布マスクは1日1回の使い捨てタイプなので、これといった保管方法はありませんが、布マスクやウレタンマスクを使用する場合はまた話が違ってきます。

布マスクやウレタンマスクを洗った後は、きちんと乾かしてジッパー付きのポリエステル袋や蓋つきのケースに保管するようにしてください。

外気にさらしたままだったり、他の洗濯物と一緒に保管したりするのはあまりおすすめできません。

ジッパー付きのポリエステル袋といえば、ジップロック製品をしようする人が増えているようす。
ジップロックは密閉性が高い商品を世にたくさん出しているので、自分で使いやすいものをスーパーやドラッグストアで選別してみるといいかもしれませんね。

イベルメクチンだけでは予防するのはNG

マスクで予防を続ける

イベルメクチンは海外の臨床試験でコロナウイルスを予防する効果が見出されています。
しかし、その予防する確率は100%ではありません。
そのため、イベルメクチンを普段から飲んでいるからといってマスクの着用をやめてはいけないのです。

予防する効果に関しても、治験のみで出ている結果なのでまだまだ不明瞭な点は数多くあります。

世界的にマスクは必要ないと分かるまで、マスクの着用は継続していきましょう。

ペット用イベルメクチンは飲んではいけません!

犬用イベルメクチン

イベルメクチンにはペット用と人間用があります。

海外ではコロナに効果的であるとニュースになった後から、ペット用や家畜用のイベルメクチンを誤用して緊急搬送される人が急増しています。

そのような事態を招かないためにもイベルメクチンをゲットする際には、きちんと人間用を購入しましょう。

本記事では

・ペット用と人間用の違い
・なぜ飲んではいけないのか
・飲んでしまった場合のリスク

といった点に着目していき、同じ間違いを起こさないように注意していきましょう。

人間には疥癬や腸管糞線虫の治療薬として使う

人間用イベルメクチン
人間がイベルメクチンを使用する場合は、寄生虫を駆除するというほとんど犬と同じ理由です。
ただ、駆除する虫が違うだけ。

人間の場合は、ヒゼンダニというダニや消化器官寄生虫である糞線虫を駆除するために使用します。

ヒゼンダニによる感染を疥癬、糞線虫は腸管糞線虫という感染名で知られています。

ヒゼンダニは人と人との接触で感染したり、畳での雑魚寝でも感染したりします。
腸管糞線虫は熱帯・亜熱帯地域で流行します。日本で言う九州南部や沖縄、奄美地方です。

犬にも処方されるイベルメクチン

犬用イベルメクチンとは
イベルメクチンは、犬を飼っている人からするとごく日常的なお薬です。
理由は、フィラリア予防の薬としてワンちゃんに服用させているから。

犬が感染してしまうフィラリアは、犬糸状虫症とも呼ばれています。
蚊に刺されて感染する病気です。
犬に血管や心臓に寄生して、呼吸器障害や循環器に悪影響を与え、最悪の場合は死に至らしめることもあります。
特に犬はフィラリアに感染しやすく、飼い主は毎年薬やワクチン接種を行う必要があるのです。

その時に使用するのがイベルメクチンです。
イベルメクチンはあらゆる寄生虫を駆除する駆虫薬。
世界各国で使用されており、もちろん犬用のイベルメクチンも開発されています。

錠剤やチュアブル錠、スポットタイプ、注射タイプとさまざまなタイプがあります。

犬を飼っている人ならイベルメクチンという成分名は一度は耳にしたことがあるはずです。

犬でも飲み方を間違うと大変なことに

飲み方間違うと危険
イベルメクチンは犬でも与え方を間違ってしまうとさまざまな副作用を引き起こします。
例えばアナフィラキシーショック、食欲不振や嘔吐、よだれの増加、下痢や軟便といった副作用です。

アナフィラキシーショックの症状には、ぐったりしたり興奮したりと急に様子がおかしくなり、痙攣する場合もあります。

毎年のように予防をしなければならない犬でもイベルメクチンでこのような副作用を生じる可能性があるなんて、ちょっと怖いですよね。

犬用のイベルメクチンはイベルメック錠という商品名で販売されており、梱包袋にも人間が食べないようにと注意喚起がされているのでくれぐれも誤用しないことです。

家畜用はさらに危険?アメリカで起きた事件とは

家畜用イベルメクチン
イベルメクチンには、人間用・ペット用の他にも家畜用があります。
牛や馬、豚の寄生虫を駆除するための薬で、酪農家にとって欠かせない医薬品なんです。

家畜用のイベルメクチンは主に注射や液状で販売されています。
さらに人間用よりも濃度が高く、人が飲むと毒になってしまう場合もあるんです。

アメリカで実際に起きた例を参考にしてみましょう。

アメリカでは酪農家を家業として営んでいる人が多く、イベルメクチンは馴染み深い薬です。
毎度家畜のために使っている薬がニュースで「コロナに有効だ」と流れれば、期待してしまいますよね。
そのためか人間用のイベルメクチンがあるを知らずに、家畜用を飲んでしまうという誤用事件が起きたのです。

前述したように、人間が動物用のイベルメクチン誤用してしまうと毒になってしまいます。
濃度が高いため、痙攣や筋肉痛、吐き気、神経障害、肝炎などを発症する危険性も十分にあるのです。

この事件をきっかけに、アメリカ食品医薬局品(FDA)はツイッターを通して国民に注意喚起しています。

本文:「You are not a horse. You are not a cow. Seriously, y’all. Stop it.」
日本語訳:「あなたは馬でも牛でもありません。真面目な話、やめてください」

フランクな言い回しでネタのように呟かれていますが、呆れているようにも感じますね。
このような事件を起こしてしまうのは、何ともアメリカ人らしいと感じるのは私だけでしょうか?
悪い意味ではなく、純粋に受け取って行動に移すという行動力は日本人にはないものだと思います。
どちらにせよ危険行為なので、真似をしてはいけませんよ。

イベルメクチン単剤ではNG?サプリメントも飲む理由

サプリメント

コロナ予防・治療薬として服用できるイベルメクチン。
海外の臨床試験では、サプリメントも併用するようにと公表しています。

なぜサプリメントも一緒に飲む必要があるのでしょうか?

・イベルメクチンだけではダメなのか
・効果が薄まるのでは?
・併用しなければならない理由がわからない

といった疑問に答えるべく、本記事ではイベルメクチンと一緒に飲むべきサプリメントについて紹介していきます。

サプリメント補助パワーで身体を守る

サプリメントパワー

海外の臨床試験で行われたイベルメクチンの飲み方は下記の通り!

【一緒に飲むサプリメント】・ビタミンD3
・ビタミンC
・亜鉛
・ケルセチン
・メラトニン

ビタミン類や亜鉛は誰でも知っている成分ですよね。
しかし、亜鉛やケルセチン、メラトニンといった成分は「初めて聞く!」という人もいるはず。
実は、どの成分も人間が生活する上で非常に重要なものばかりなんです!
さっそく詳しくチェックしていきましょう。

ビタミンDはコロナ重症化を回避する!

ビタミンDはコロナ症状が悪化しないように働きかける効能があるのではないかと密かに注目を集めています。

通常、ビタミンDは日光に当たっていれば自然に体内で生成されていきます。
しかし、日本人だけでなく欧米人やラテン系の人々でもビタミンDが欠乏していることがわかっています。

とある海外の研究チームが公表している内容によると、ビタミンDが体内で正常値だった人はコロナ感染後も軽症で済む場合が多く、重症化に至らなかったケースがほとんどだったとか。
一方、ビタミンDが通常の人よりも体内で不足している人は中等症~重症化しやすかったという結果になっています。

以上の理由からイベルメクチンと併用するのには、重症化を予防するためだと考えられています。

ケルセチンはコロナ感染予防をサポート

ケルセチンは玉ねぎに含まれている栄養素です。
「玉ねぎで血液サラサラに!」という誘い文句を聞いたことありませんか?
あのサラサラ効果を補助しているのがケルセチンなんです。

コロナの視点からみたケルセチンは、感染予防をサポートする成分として世界から注目を集めています。
ウイルスが元気な細胞に侵入しないように働きかけて、感染しないように予防してくれるのです。

イベルメクチンと一緒に飲むタイミングは、自分自身が濃厚接触者になった場合なので普段からの予防として飲むかどうかはまだ判明していません。

亜鉛はウイルスの増殖を止める!

亜鉛は体内では生成できない物質で、サプリメントや食べ物から摂取する必要があります。

イベルメクチンと一緒に飲む理由は、コロナウイルスが体内で増殖しないように働きかける効能が期待されているから。
亜鉛はコロナウイルスに限らず、風邪やインフルエンザの予防物質としても重要視されてきていました。
コロナウイルスが増殖している今も、亜鉛の重要さに注目が集まっているというわけ。

実際、亜鉛が不足していたコロナ感染者は、後々症状が重症化していったという報告が上がっているようです。

メラトニンは医薬品?サプリメント?

メラトニン

イベルメクチンと併用しなければならないメラトニンについてお話していきます。

メラトニンとは、脳内で生成されるホルモン物質です。
体内時計のような役割を果たしています。
日中は起きて、夜は眠るように促すというのもメラトニンの働きが関係しています。
日中は生成される量が少なく、夜間にどっと分泌させて休息モード(睡眠)に入るように調整するのです。

これまでビタミンDやビタミンC、亜鉛、ケルセチンといった物質を紹介していきました。
どの成分もドラッグストアや通販で購入可能です。

しかし、メラトニンに関しては少し話が違ってきます。

メラトニンは外国ではサプリメント成分として普通に薬局で販売されていますが、日本では医療用成分に指定されています。

つまり、薬局では簡単に購入できるものではないということ。

日本でメラトニンを主成分とする薬を処方してもらうとなると、子ども向けのメラトベルという薬しかありません。
似たような医薬品でロゼレムという睡眠薬がありますが、主成分はラメルテオンでありメラトニンではないのです。

イベルメクチンとの併用が推奨される理由は「眠気を誘うため」としか明記されていません。
恐らく感染後の体調悪化によって眠れなくなるのを予防するためなのではといわれています。
病状を回復するに睡眠は必要ですからね。

エビデンスは不十分!サプリメント商法には気をつけて

サプリメント商法

イベルメクチンと共に飲むべきサプリメントのコロナに対する効果・効能に関しては、まだ十分なエビデンスがありません。
そもそもイベルメクチンのコロナに有効であるという治験結果に対しても、さまざまな医療従事者から「単剤だけの効果ではないはず」と懐疑的な評価が集まっているのです。

現に厚生労働省も「サプリメントがコロナに有効であるというのは極めて不確か」と公表しているため、あまり過信しすぎないほうがいいといえます。

また、サプリメントのコロナに対する効果について虚偽商法を行っている業者がおり、米国のFDAから罰則を受けています。

日本でも「このサプリがコロナに効きます!」と販売している業者がいるかもしれないので、そういった上手い謳い文句には乗らないように注意していきましょう。

イベルメクチンの間違った飲み方とは?過剰摂取のリスク

過剰摂取によるリスク
イベルメクチンは通常、疥癬や腸管糞線虫を治療するために用いるお薬です。

イベルメクチン特効薬として注目を集める前から、世界中で寄生虫を駆除するお薬として愛用されてきた過去があります。

そんな疥癬治療、腸管糞線虫治療としては信頼度が高いイベルメクチンですが、実は今囁かれているコロナ特効薬として服用する場合には過剰摂取になってしまうんです。

そのため「イベルメクチンをコロナ薬として服用してはいけない!」と否定をしている医者も存在しています。

ではどのくらい飲んでしまうと過剰摂取になってしまうのでしょうか?

本記事ではイベルメクチンを過剰摂取になるラインや、その際に生じる可能性があるリスクについて紹介します。

コロナ特効薬として飲む前にしっかりと危険性を把握しておきましょう。

イベルメクチンは毎日飲む薬じゃない!

毎日飲まない

イベルメクチンはどのような目的で飲むにしても、毎日飲むようなお薬ではありません。
適応症によって飲む回数や期間が決まっています。
しかし、コロナ薬として服用する場合は少々事情が異なり、一般的な飲み方よりも飲む回数が多かったり、期間が長かったりします。

【一般的な適応症に用いる場合の治療期間】

疥癬 2週間間隔で2回飲む
腸管糞線虫症 1回のみ服用

【コロナ予防・治療として用いる場合の期間】

予防目的 当日1回、48時間後に2回目を服用
以降は各週1回飲み続ける
濃厚接触者になった場合 当日1回、48時間後に2回目を服用
軽症治療の場合 1日1回を5日間、または回復するまで

上記の表のように、疥癬や腸管糞線虫症を治療する場合には限られた期間や回数のみで治療が完了します。
しかし、コロナ薬として使用する場合には、予防目的や感染者と濃厚接触した場合、または軽症治療と3パターンに分類されており、どちらも飲む回数が多いのです。

これまでの飲み方よりも逸脱した手法のため、医療従事者からも疑問の声が上がっており、イベルメクチンをコロナ薬として飲むのは反対している人もいます。

「飲む回数が多い」のは過剰摂取になるの?

飲む回数が多い

普通、お薬は飲む期間や回数が決まっています。
病状が回復すれば投薬期間が終了することもありますよね。
イベルメクチンも同じで、既定の飲み方で疥癬や腸管糞線虫症が良くなったと判断されるとそのまま治療は完了し、投薬が終わります。

しかし、コロナの予防や治療を目的として服用する場合は少し話が違ってきます。
濃厚接触者になった場合は2回だけの服用でOKとされていますが、日常的に予防をする場合は週1回飲み続けなければならず、治療に関しても5日間連続か回復するまで。

一般的な飲み方よりもかなり飲む回数が多く、連続投与もこれまでにない飲み方。

そのため、これまでの飲み方と比べると過剰摂取をしているといっても過言ではないのです。

過剰摂取した場合のリスクとは

イベルメクチンを一般的な飲み方で治療する場合は、ほとんど副作用のリスクがないといわれています。
劇的な効果があるにも関わらず、リスクがほとんどない駆虫薬として世界中で愛されているんです。
コロナ予防・治療薬として服用した場合の副作用に関してはまだ情報がなく、未知の領域です。

ただ、一般的な飲み方をしても以下のような副作用を生じる可能性はあるということは把握しておきましょう。

【イベルメクチンの副作用】そう痒の増悪、蕁麻疹、下痢、食欲不振、便秘、腹痛、めまい、日中の眠気、手や足の震え、貧血、無気力症、疲労、低血圧、気管支喘息の悪化、血尿、嘔吐など。

アメリカで事件勃発!飲み過ぎて緊急搬送

イベルメクチン飲みすぎ事件

アメリカでは、イベルメクチンがコロナに有効であるというニュースが報道されてから緊急搬送される患者が一気に増加しているようです。

原因は動物用イベルメクチンの過剰摂取。
人間用の処方薬数もコロナ薬として注目を集める前よりも24倍に急増しています。

実は、農家が多いアメリカではイベルメクチンという薬はとても身近なものなんです。
動物用と人間用があり、人間の適応症と同様に動物に対しても寄生虫を駆除する薬として親しまれてきました。
そのため、コロナ薬として報道されてからというもの

「うちにもイベルメクチンあるわ!」
「家畜センターで簡単に買えるじゃん!」
「これ飲んでおけばいいんだ!」

と何も疑いもせず動物用を飲んでしまう人が急増してしまいました。

動物用のイベルメクチンは人間用よりも高濃度になっており、服用してしまうと毒になり得ます。
緊急搬送された患者は吐き気や嘔吐、筋肉痛、痙攣を引き起こしています。
また、一番最悪なのは過剰摂取によって患者が失明してしまったケースです。

コロナ薬として飲むなら用法用量をしっかり守って

飲み方を守る

イベルメクチンをコロナ薬として飲むのは、これまでの疥癬・腸管糞線虫症治療としての飲み方から見ると少々逸脱した手法です。
飲む回数や期間が長く、過剰摂取になり副作用を生じるリスクも少なからずあります。

しかし、臨床試験ではこれまでと違った飲み方で効果が見出されているのもまた事実なんです。

そのため、コロナ薬としてイベルメクチンを服用する際にはしっかりと今分かっている飲み方に従って服用していきましょう。

コロナ薬としてのイベルメクチンを飲むタイミングとは?

イベルメクチン飲むタイミング

新型コロナウイルスによる感染予防と軽症治療をしてくれるイベルメクチン。
国内でもさまざまなメディアに取り上げられ、ニュースでは主役状態になっています。

飲み方もイベルメクチン0.2mg×体重で、自分が飲むべき服用量を算出するだけ。
ビタミンDやビタミンCといったサプリメント、軽症治療の際にはイベルメクチンとフルボキサミンという薬を併用することもお伝えしました。
(※イベルメクチンの飲み方についてまだ読んでない人はこちらから!)

では、飲むタイミングはいつなのでしょうか?

薬を飲む時って朝・昼・夕、または毎食後や就寝前と決まりがありますよね。

実は、コロナ薬としてイベルメクチンの飲むタイミングって結構大事なんです。

さっそくチェックしていきましょう!

コロナ薬としては食前か食後に飲む!

食前か食後に飲む
イベルメクチンをコロナの予防・治療薬として服用をする場合は、食前か食後に飲みます。
外国で行われた治験では、食前か食後に服用させることで著しい効果が判明したようです。

実は、イベルメクチンを一般的な治療薬(疥癬や腸管糞線虫)として用いる場合は、空腹時に飲まないといけないんです。

コロナ薬としてのイベルメクチンは飲む回数もこれまでと異なりますし、飲むタイミングも今までとはま逆になるというわけ。

【イベルメクチン・飲み方の比較】

飲むタイミング 飲む回数
一般的な飲み方 空腹時 疥癬:2週間に2回
糞線虫:1回のみ
コロナ薬としての飲み方 食前・食後 予防:1週間に1回
治療:5日間連続

イベルメクチンは、通常空腹状態の時に飲みます。
しかし、イベルメクチンをコロナ薬として服用する場合はまったく逆の方法になるということを覚えておきましょう。

高カロリーな食後に飲むと効果が強くなる?

効果が強まる
イベルメクチンは脂溶性のある薬なので、高カロリーな食後に飲むと成分の血中濃度が上がってしまう可能性があります。
成分の血中濃度が上がる=効果が強まる可能性があるということです。

一見良さそうに聞こえますが、脂溶性物質ということは体内で代謝がされにくく、排泄されるまでに時間がかかります。
一方、水溶性の薬は過剰に摂取したとしても水に溶けやすいため、体液にどんどん溶けて尿として排泄されやすいのです。
イベルメクチンは脂溶性の薬で、さらにコロナ薬として飲む場合は一般的な飲み方よりも高用量になります。

高用量になると副作用の危険性も懸念されるため、わざと高カロリーの食事ばかりをとってイベルメクチンの効果を必要以上に得ようとするのは賢い選択とはいえません。

そのため、イベルメクチンの一般的な飲み方は空腹時と決まっているのです。
その点を踏まえて、コロナ薬として飲む場合には体調に気を配っておきましょう。

イベルメクチンを飲む日のおすすめメニュー

低カロリー料理
イベルメクチンを飲む日は毎度高カロリーの食事をしないようにしておきましょう。
前述したように、高カロリーな食事をした後にイベルメクチンを飲んでしまうと血中濃度が高まります。
コロナ感染後の治療のために使用する場合であれば、その飲み方でいいのでしょうが普段から予防をしておきたい人にとっては少しのリスクも排除しておきたいですよね。

そんな人のために、ここではイベルメクチンを飲む日にピッタリの食事例を紹介します。
低カロリーを意識しなければならないわけではありませんが、なるべく脂質が多い食事は控えた方が良いかもしれません。

【低カロリーな食事】食パン、ジャム、ゆで卵、コンソメスープ、ノンオイルサラダ、トマトソースパスタ、レモンティー、ミネストローネ、魚の煮つけ、ヒレステーキなど。

ステーキの中でもなぜヒレなのか?
それはお肉の部位によって脂肪分が多くなるからです。そのため、同じ揚げ物でも、ヒレカツとロースカツでは脂の多さが変動。
何を使って料理をするのかもカギとなってきます。

味覚や嗅覚がなくてもご飯は食べた方が良い

食事をちゃんととる
コロナ感染後は、味覚や嗅覚がなくなる可能性があります。
嗅覚と味覚は食事の味やにおいを感じるために必要不可欠な五感のうちのひとつ。
特に嗅覚あってこその味覚といわれているほど、この2つは密接な関係にあるのです。

嗅覚や味覚がなくなってしまい、食事をするという行為に喜びを感じられなくなってご飯を食べなくなる人がいます。
中には体重がストンッと落ちた人もいるとか。

体調を復活させたいなのなら、食事の存在が必要不可欠です。
人間は栄養素がなければ病気にも対抗できません。
そのため、嗅覚や味覚がなかったとしても栄養素がなくなっているわけではないので、我慢してでも食事はしたほうがいいといえるのです。