飛沫感染と接触感染の違いは?コロナウイルスの感染経路について

飛沫感染と接触感染

コロナに感染しないためには、まず基本知識を徹底的に理解しておくことが大切です。

飛沫感染や接触感染の違いについてや、なぜ3密を守らなければならないのかといった点をきちんと理解しておくのとしないのとでは安全性に大きな差が。

集団感染を避けるためにも、コロナウイルスがどうやって体内に侵入してくるのかをしっかりチェックしておきましょう。

※本記事は厚生労働省による、新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)を参照しています。

くしゃみや咳による飛沫感染

飛沫感染
飛沫感染の飛沫とは、くしゃみや咳、つばが飛ぶ(飛沫)ことを指します。
世界保健機構(WHO)によると、人は5分間の会話の中で1回の咳やくしゃみと同じくらいの飛沫が飛ぶといわれています。
その数、なんと3,000個。
恐ろしいですよね。
人と会話をしている時に対面でくしゃみや咳をしなくても、5分間おしゃべりしているだけで飛沫が飛ぶのですから。
もちろんこれはマスク着用していない時の話ですよ。

飛沫感染とは、感染者から発せられている飛沫を相手が吸いこんで感染することを指します。
つまり、感染者とおしゃべりしている間に感染していない人が飛沫を吸い込んでしまい、そのままコロナ感染者となるということ。

口や鼻から入り込み、そのまま体内へと取り込まれていきます。

マスクは飛沫予防のためだった

飛沫感染は主に口や鼻といった空気を取り入れる場所から感染。
だからマスクの着用が必須なんです。
特にスーパーや薬局、コンビニでも手軽に購入できる不織布マスクは、他人の飛沫を80%もカットすることが判明しています。

マスク着用をしていなければ、100%吸い込むはめになってしまいその分感染リスクもグッと上がってしまうのです。

飛沫感染を予防するためにも、マスクの着用は継続していきましょう。

ウイルスがついた物を触ると接触感染する?

接触感染
飛沫感染の次は、接触感染です。

接触感染は、コロナ感染者がくしゃみや咳を止めるために手で覆い、他の場所に触れて他人がその場所を触ると感染が起きやすくなります。
飛沫感染でも述べたように、人は普通に話しているだけで口や鼻から菌が飛沫します。
くしゃみや咳といった飛沫を手で覆い、そのまま除菌をせずに他の場所や物に触れてしまうと、結果的に自分の菌をバラ撒いていることになるのです。

感染者が触れた場所を他人が触れ、触れた人がそのまま口や鼻、目といった粘膜に関わる部位に触れると菌は体内へと入り込みます。
菌は簡単に粘膜と結びついてしまうので、自分のもの以外に触れた後は顔を触らず、除菌しましょう。

菌を流す手洗いうがいはとっても大事

接触感染をしないためには、手洗い・うがいがとっても大事です。

出勤時やちょっとしたお出かけでも、いつでも除菌ジェルやシートを持っておくことが大切。
その場で除菌できるアイテムがあれば、接触感染のリスクを低下させることが可能です。

といっても、何度も手を拭いたり洗うのはお肌にも影響が出ます。
では、どういった場所を触れないように気をつければいいのでしょうか?
日常生活においては以下の場所に気をつけていきましょう。

・エスカレーターの手おき
・エレベーターのボタン
・電車のつり革、握り棒
・職場先の共有場所、物

上記の他にも気をつけるべき場所はたくさんありますが、特に出勤・帰宅ラッシュ時に人が集中する駅内や電車は要注意です。

感染しないために避ける3つのこと

三密
3密を避ける、というのはもはや世界の常識になりつつあります。

・密集
・密接
・密閉

といった場面や空間を避けるように政府も常々警鐘しています。
スーパーやコンビニ、映画館、飲食店、ショッピングセンターとあらゆる場所で人との距離をあけるように生活しなければなりません。
最近では、「ゼロ密を目指そう!」なんてポスターも見かけるようになりました。

3密を避けなければいけない理由は、飛沫感染や接触感染によるリスクを下げるためです。
密を守らないと感染するリスクは一気に増加。
感染者するリスクを下げるために必要な事なんです。

密集

密集とは、たくさんの人が集まっている空間を指します。

外でのパーティや飲み会だけでなく、不特定多数の自宅パーティも該当します。
人との距離が2メートル以上あけられない空間は密集状態です。
一番分かりやすいのはエレベーターの中にたくさんの人が集まっている状態ですね。
時間に余裕がある場合で、エレベーターが混み合っている場合は見送って次のものに乗るようにした方がいいといえます。

また、仕事でも密集に該当するケースがあります。
そのため、テレワークを取り入れる企業が多くなっているというわけなんです。

密接

密接は、人と人が近距離で話す場面を指します。

前述したように、コロナは人が発するくしゃみや咳、つばに含まれているウイルスを吸い込むことで感染します。

対面での会話や飲食、タバコも該当します。
食べ物を食べたりタバコを吸う時は必ずマスクを外さなければなりませんよね。
人間は咳をしていなくてもそのまましゃべるだけで飛沫が飛びます。
そのため、食事中やタバコを吸っている時以外はちゃんとマスクを着用したほうがいいといえます。

密閉

密閉は、そのままの意味で密閉された空間の事を指します。

密閉された空間はコロナウイルスがウヨウヨと漂っている状態です。
その状態に晒されている空間に居続けると、呼吸するだけでウイルスを吸い込んでしまう可能性があります。

マスクのフィルター機能も100%ではないので、定期的に換気をすることがとっても重要なんです。

職場や公共の乗り物だけでなく、自宅でも同じです。
朝昼晩と誰かしら人がいるような状態であれば、1日3回換気を行ったり、1人暮らしの場合は出勤前の2~3分や帰ってきた時にも数分間換気を行いましょう。

SNSでもご購読できます。