イベルメクチンの間違った飲み方とは?過剰摂取のリスク

過剰摂取によるリスク
イベルメクチンは通常、疥癬や腸管糞線虫を治療するために用いるお薬です。

イベルメクチン特効薬として注目を集める前から、世界中で寄生虫を駆除するお薬として愛用されてきた過去があります。

そんな疥癬治療、腸管糞線虫治療としては信頼度が高いイベルメクチンですが、実は今囁かれているコロナ特効薬として服用する場合には過剰摂取になってしまうんです。

そのため「イベルメクチンをコロナ薬として服用してはいけない!」と否定をしている医者も存在しています。

ではどのくらい飲んでしまうと過剰摂取になってしまうのでしょうか?

本記事ではイベルメクチンを過剰摂取になるラインや、その際に生じる可能性があるリスクについて紹介します。

コロナ特効薬として飲む前にしっかりと危険性を把握しておきましょう。

イベルメクチンは毎日飲む薬じゃない!

毎日飲まない

イベルメクチンはどのような目的で飲むにしても、毎日飲むようなお薬ではありません。
適応症によって飲む回数や期間が決まっています。
しかし、コロナ薬として服用する場合は少々事情が異なり、一般的な飲み方よりも飲む回数が多かったり、期間が長かったりします。

【一般的な適応症に用いる場合の治療期間】

疥癬 2週間間隔で2回飲む
腸管糞線虫症 1回のみ服用

【コロナ予防・治療として用いる場合の期間】

予防目的 当日1回、48時間後に2回目を服用
以降は各週1回飲み続ける
濃厚接触者になった場合 当日1回、48時間後に2回目を服用
軽症治療の場合 1日1回を5日間、または回復するまで

上記の表のように、疥癬や腸管糞線虫症を治療する場合には限られた期間や回数のみで治療が完了します。
しかし、コロナ薬として使用する場合には、予防目的や感染者と濃厚接触した場合、または軽症治療と3パターンに分類されており、どちらも飲む回数が多いのです。

これまでの飲み方よりも逸脱した手法のため、医療従事者からも疑問の声が上がっており、イベルメクチンをコロナ薬として飲むのは反対している人もいます。

「飲む回数が多い」のは過剰摂取になるの?

飲む回数が多い

普通、お薬は飲む期間や回数が決まっています。
病状が回復すれば投薬期間が終了することもありますよね。
イベルメクチンも同じで、既定の飲み方で疥癬や腸管糞線虫症が良くなったと判断されるとそのまま治療は完了し、投薬が終わります。

しかし、コロナの予防や治療を目的として服用する場合は少し話が違ってきます。
濃厚接触者になった場合は2回だけの服用でOKとされていますが、日常的に予防をする場合は週1回飲み続けなければならず、治療に関しても5日間連続か回復するまで。

一般的な飲み方よりもかなり飲む回数が多く、連続投与もこれまでにない飲み方。

そのため、これまでの飲み方と比べると過剰摂取をしているといっても過言ではないのです。

過剰摂取した場合のリスクとは

イベルメクチンを一般的な飲み方で治療する場合は、ほとんど副作用のリスクがないといわれています。
劇的な効果があるにも関わらず、リスクがほとんどない駆虫薬として世界中で愛されているんです。
コロナ予防・治療薬として服用した場合の副作用に関してはまだ情報がなく、未知の領域です。

ただ、一般的な飲み方をしても以下のような副作用を生じる可能性はあるということは把握しておきましょう。

【イベルメクチンの副作用】そう痒の増悪、蕁麻疹、下痢、食欲不振、便秘、腹痛、めまい、日中の眠気、手や足の震え、貧血、無気力症、疲労、低血圧、気管支喘息の悪化、血尿、嘔吐など。

アメリカで事件勃発!飲み過ぎて緊急搬送

イベルメクチン飲みすぎ事件

アメリカでは、イベルメクチンがコロナに有効であるというニュースが報道されてから緊急搬送される患者が一気に増加しているようです。

原因は動物用イベルメクチンの過剰摂取。
人間用の処方薬数もコロナ薬として注目を集める前よりも24倍に急増しています。

実は、農家が多いアメリカではイベルメクチンという薬はとても身近なものなんです。
動物用と人間用があり、人間の適応症と同様に動物に対しても寄生虫を駆除する薬として親しまれてきました。
そのため、コロナ薬として報道されてからというもの

「うちにもイベルメクチンあるわ!」
「家畜センターで簡単に買えるじゃん!」
「これ飲んでおけばいいんだ!」

と何も疑いもせず動物用を飲んでしまう人が急増してしまいました。

動物用のイベルメクチンは人間用よりも高濃度になっており、服用してしまうと毒になり得ます。
緊急搬送された患者は吐き気や嘔吐、筋肉痛、痙攣を引き起こしています。
また、一番最悪なのは過剰摂取によって患者が失明してしまったケースです。

コロナ薬として飲むなら用法用量をしっかり守って

飲み方を守る

イベルメクチンをコロナ薬として飲むのは、これまでの疥癬・腸管糞線虫症治療としての飲み方から見ると少々逸脱した手法です。
飲む回数や期間が長く、過剰摂取になり副作用を生じるリスクも少なからずあります。

しかし、臨床試験ではこれまでと違った飲み方で効果が見出されているのもまた事実なんです。

そのため、コロナ薬としてイベルメクチンを服用する際にはしっかりと今分かっている飲み方に従って服用していきましょう。

SNSでもご購読できます。